大刀 関勝 ――梁山泊軍団の武将の筆頭


★表の見方
宿星 天勇星 順位 5位
登場 63回 入山 64回
他の呼び名
出身地 凌州(67)
年齢 (登場したとき)32歳(63)
家柄 義勇武安王(関羽)の嫡流の子孫(63) 代々忠臣の家柄(64・宋江いわく) 親族 家族(詳細不明・63)
義兄弟 [カク(おおざとに赤)]思文(63) 唐斌(94)
入山前 蒲東の巡検(63)
身長 8尺5・6寸(63) 得物
  • 刀(64)
  • 青竜刀(64・66) 青竜偃月の刀(86)
  • 宝刀(76・詩の中の描写で)
  • 容貌・風貌
  • 祖先の雲長にそっくり(63)
  • なかなか立派な風貌(63)
  • 細い三すじのひげ(63)
  • 鬢に達する長い眉(63)
  • 天に向かった(切れ上がった?)鳳眼(63)
  • 顔は大きな棗のように赤黒い(63)
  • 唇は朱を塗ったように赤い(63)
  • ただものではない風貌(64)
  • 性格・人物像
  • 万夫不当の勇をもっている(63)
  • 国家を安んずる策を持ち、敵を降す才がある(63・宣賛いわく)
  • なみなみならぬ英雄(64)
  • 英勇な武将(64)
  • 義気凛然(67)
  • 特技
  • 事務に精通(18)
  • 各般の武芸にも心得がある(18)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    真東の旱寨(71)(相役:徐寧・宣賛・[カク(おおざとに赤)]思文)
    【職分】
    騎兵軍の五虎将(第1位)(71)
     関羽の嫡流の子孫という設定で、容貌も武勇のほども関羽そっくりである(しかし実際は、関羽の嫡流は三国時代に途絶えている)。梁山泊での順位も、そのせいであろう、林冲や秦明らをぬいて戦闘部隊の第一位となっている。方臘討伐戦での石宝との戦いは、関勝の面目躍如たる見事なものだ。こればかりは決して先祖の七光りではない。
     しかし、関勝にはいきいきとした人格が感じ取れない。関羽に酷似しているため、「関勝」という水滸伝のなかの登場人物は、関羽を登場させるためのうつわになってしまっている感じがする。当然ながら、水滸伝には劉備も張飛も張遼も曹操も出てこない。その中に「関羽」を無理に登場させても、三国志演義の関羽の持つ魅力はなかなか出てこない。


    108人好漢リストへ  ホームへ