霹靂火 秦明 ――ひたすら短気な猛将


★表の見方
宿星 天猛星 順位 7位
登場 34回 入山 35回
他の呼び名
出身地 山後開州(34)
年齢 花栄より年長(35)
家柄 代々武官をつとめる家の出(34) 親族 妻(慕容知府により殺害・34) 妻(花栄の妹・35)
義兄弟
入山前 青州の指揮司、州軍の総管(34)
身長 得物
  • 狼牙棒(34)
  • 容貌・風貌
    性格・人物像
  • 気が短く怒りっぽいたちで、その声が雷鳴のよう(34)
  • 性急(34)
  • 虎将(34)
  • 気短な男(48・63)
  • 凛々たる英雄(63)
  • 特技
  • 狼牙棒をつかって万夫不当の勇をふるった(34)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    山の左の寨(51)(相役:花栄)
    →忠義堂(60)(相役:宋江・呉用・公孫勝・花栄・呂方・郭盛)
    →真南の旱寨(71)(相役:索超・欧鵬・[トウ(おおざとに登)]飛)
    【職分】
    騎兵軍の五虎将(71)
     考えてみれば、秦明は相当不幸な人物である。宋江や花栄の討伐に赴いて失敗したのち、二人の姦計にはまって家族を失い、最後は最後で、敵将・方杰との一騎打ちの最中に敵将・杜微の飛刀を投げつけられ、それをよけた隙をつかれて方杰に討たれてしまう。
     しかし、秦明を見ていると、そんな不幸の影はみじんも感じさせない。短気で怒りっぽい、武骨一辺倒の好漢だ。魯智深や李逵のような底抜けの明快さとは違う雰囲気だが、過去のことにはこだわらない、至極前向きな姿勢を持っている。


    108人好漢リストへ  ホームへ