小李広 花栄 ――狙いをあやまたぬ弓の名手


★表の見方
宿星 天英星 順位 9位
登場 33回 入山 35回
他の呼び名
出身地
年齢 若い(33)・秦明より年少(35)
家柄 功臣の子孫(33)  代々武門の家柄(34) 親族 妻(崔氏・33) 妹(後の秦明夫人・33)
義兄弟
入山前 清風寨の知寨(要地の守備長官)(32)
身長 得物
  • 弓矢(33)
  • 槍(33)
  • 鉄槍(34)
  • 銀鎗(76)
  • 花鎗(99)
  • 容貌・風貌
  • 白い歯、紅い唇、鋭い眼(33)
  • 鬢にも届く清らかな眉(33)
  • 細い腰、広い肩(33)
  • 猿臂(64)
  • 性格・人物像
  • 海東青を放つ(鷹狩)のが趣味(33)
  • 将種(33)
  • 腕したたかな武官(33)
  • 恐るべき勇猛ぶり(33)
  • 粋な勇猛な将(76)
  • 特技
  • 乖劣の馬(荒馬)を乗りこなす(33)
  • 弓。百歩を隔てた柳の葉を射切る腕前(33)
  • 槍のしたたかな使い手(50)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    山の左の寨(51)(相役:秦明)
    →忠義堂(60)(相役:宋江・呉用・公孫勝・秦明・呂方・郭盛)
    →忠義堂の右側(71)(相役:樊瑞・項充・李袞)
    【職分】
    騎兵軍の八虎将兼先鋒使(71)
     武芸自慢は梁山泊にたくさんいるが、花栄に及ぶものはいないだろう。最初から最後まで、その弓の腕前の見せ場が何度となくある。矢を放って当たらなかったことはない(宣賛にかわされたことはあったが・64回)。青州で門神を射(33回)、梁山泊にのぼって雁の頭を射た話(35回)は特にめざましい。しかも、槍を取ってはかの秦明にも劣らない(34回)。失敗はないし、完璧といえる将軍だ。
     射手というと冷静そうな感じがするが、花栄はなかなかの熱血漢だ。特に宋江のことになるとどんなことでもやってのける。青州では、日頃の鬱憤も手伝って、宋江を陥れた劉高の屋敷に暴れ込んで、その結果官職を失うはめになった(33・34回)。最期もそうである。梁山泊に入っても、宋江の親衛隊のごとく常に宋江の近くにいた。花栄と宋江は旧交を持っている。『水滸伝』に描かれていないところで、二人はどんな過去を経たのだろうか。気になるところではある。


    108人好漢リストへ  ホームへ