金鎗手 徐寧 ――天子を守る槍の名手


★表の見方
宿星 天祐星 順位 18位
登場 56回 入山 56回
他の呼び名
出身地 (明記されていないが、東京と思われる)
年齢
家柄 親族 妻(56)・6・7歳の子ども(56)
義兄弟
入山前 金鎗班の師範(56)
身長 6尺5・6寸(57) 得物
  • 金鎗(56)
  • 腰刀(56)
  • 朴刀(56)
  • 鈎鎌鎗(57)
  • 弓(76)
  • 剣(76)
  • 容貌・風貌
  • まことに堂々たる風貌(57)
  • 白い丸顔に、細く黒い三すじのひげをはやし(57)
  • がっしりとしたゆたかな腰つき(57)
  • 曲線をえがいた臥蚕の(太い?)眉(57)
  • 性格・人物像
  • 粋で勇猛な将(76)
  • 特技
  • 天下独自の金鎗法と鈎鎌鎗法(56)
  • 弓(57・詞の中で)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    前軍の寨(60)(相役:李応・魯智深・武松・楊志・馬麟・施恩)
    →真東の旱寨(71)(相役:関勝・宣賛・[カク(おおざとに赤)]思文)
    【職分】
    騎兵軍の八虎将兼先鋒使(71)
     登場時に鈎鎌鎗と密接に印象づけられてしまったため、鈎鎌鎗が必要でなくなるや、この徐寧の存在感まですっかり薄くなってしまった。入山後、失敗もままあったが功労も少なくないだけに、不憫な人物だ。
     林冲と同格のつきあいをしていたというから、年齢は林冲と同じくらいだろうか。時遷が屋敷に忍び込んでいた夜の徐寧の様子を見ると(56回)、謹直だがせっかちでもあるようだ。そして家庭思い。子供をひざの上に抱き上げて妻と会話する、という家庭的なシーンは水滸伝の中では珍しい。代々高価な賽唐猊の鎧を売らずに所持してきたのだから、金には困らない、武官の家柄なのだろう。
     もと金鎗班(槍術と乗馬にすぐれた兵が構成する、禁軍の班のひとつ。天子の護衛が主な仕事)の師範なので、梁山泊に入ったあとも宋江近くの警護をしていそうだが、滅多にその仕事をすることはなく、一武将として戦場に出て行くことが多い。宋江が天子をはばかって、「金鎗手」たる徐寧に護衛を頼まなかったのかもしれない。


    108人好漢リストへ  ホームへ