神火将 魏定国 ――単廷珪と揃って登場する火攻めの達人


★表の見方
宿星 地猛星 順位 45位
登場 67回 入山 68回
他の呼び名
出身地
年齢
家柄 親族
義兄弟
入山前 凌州の団練使(民兵の指揮官)(67)
身長 得物
  • 弓(67・美文)
  • 熟銅の刀(67)
  • 容貌・風貌
    性格・人物像
  • 猛将(67)
  • 剛勇な男(67)
  • 猪突の勇者(118)
  • 特技
  • 火攻めの兵法にくわしく、たたかうときはもっぱら火器を用いる(67)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    真西の旱寨(71)(相役:林冲・董平・単廷珪)
    【職分】
    騎兵軍の小彪将兼斥候の頭領(71)
     500人の火兵を率いて関勝を破った戦い(67回)では、「神火将」魏定国の名に恥じない個性的な火器戦法を見せてくれた。しかしその後、梁山泊に入ってからは火器戦法を使う機会に恵まれず、108回に敵の猛将・縻[セイ(貝+生)]を焼き殺したことくらいしかない。単廷珪と同様、一騎兵として他の騎兵頭領と同列に扱われた。特異な技量を持っていただけにもったいない話だ。
     火薬の扱いに長じた凌振と組めば、さらにすぐれた火計・火砲がうまれていたかもしれない。


    108人好漢リストへ  ホームへ