轟天雷 凌振 ――宋朝最高の砲手


★表の見方
宿星 地軸星 順位 52位
登場 55回 入山 55回
他の呼び名
出身地 燕陵(55)
年齢
家柄 親族 母(55)
妻(55)
義兄弟
入山前 甲仗庫の副使、砲手(55)
身長 得物 (使用する砲も含む)
  • 槍(55)
  • 風火砲(55)(64)
  • 金輪砲(55)
  • 子母砲(55)
  • 風火や轟天などの砲(66)
  • 連珠砲(79)
  • 車箱砲(83)
  • 容貌・風貌
    性格・人物像
    特技
  • 火砲をつくることがうまくて、四五十里も飛ばすことができる(55)
  • 武芸にも深く通じていて、弓や馬にもすぐれている(55・呼延灼曰)
  • 宋朝盛代の砲手の第一人者(55)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    忠義堂の右のならびの部屋(60)(相役:孟康・侯健・陶宗旺)
    →忠義堂の左側(71)(相役:柴進・李応・蒋敬)
    【職分】
    すべての大小号砲の製造にあたる(71)
     凌振は「宋朝盛代の砲手の第一人者」(55回)と呼ばれるに恥じない、火砲に関しては無双の技術者だ。凌振がまだ官軍側にいたとき、梁山泊はこの火砲に大いに悩まされた。呉用は当初、官軍が砲を撃っても周囲の湖に落ちるばかりで、梁山泊の陸地までには届くまい、と言っていたが、凌振が放った砲弾は呉用の推測を上回り、梁山泊の水寨を破壊してしまった。
     77回、梁山泊軍が童貫軍を追い詰める場面で、「轟天雷砲」という名の号砲が使われる。その名称からして、これは凌振の発明品なのだろうか。


    108人好漢リストへ  ホームへ