神医 安道全 ――直せぬ病はない町医者先生


★表の見方
宿星 地霊星 順位 56位
登場 65回 入山 65回
他の呼び名
出身地 建康府(65)
年齢
家柄 親族
義兄弟
入山前 建康府の医者(65)
身長 得物
容貌・風貌
性格・人物像
特技
  • 代々内科も外科も伝授されて両方ともよく治療したので、建康府のみならず遠方まで名を知られていた(65)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    正殿の第二段の右のならびの棟(71)(相役:戴宗・燕青・張清・皇甫端)
    【職分】
    もっぱら内科・外科の疾病の治療にあたる医師(71)
     その名が高い医者・安道全だが、登場したとき(65回)はなんとも頼りない先生といった雰囲気だ。気に入りの娼妓にいれあげているところなど、「本当に名医なんだろうか?」と少々不安にすらなったものである。しかし戴宗に連れられて梁山泊に戻り、瀕死の宋江を診たときの安道全は、別人のようにしっかりしていた。以降、安道全は梁山泊にはなくてはならない人物となった。だから、方臘戦で途中からいなくなってしまった(114回)のは本当に痛手であった。彼がいたら、何人の負傷者・病人が助かったことだろう。「ほんの小疾」で安道全を召し出した徽宗が恨めしいが、これもまた天命だったのだろうか。


    108人好漢リストへ  ホームへ