紫髯伯 皇甫端 ――特異な風貌の108人目の好漢


★表の見方
宿星 地獣星 順位 57位
登場 70回 入山 70回
他の呼び名
出身地 幽州(70)
年齢
家柄 親族 妻子がいる(70)
義兄弟
入山前 東昌府に住む獣医(70)
身長 得物
容貌・風貌
  • 眼が碧く髯が赤く、容貌が番人(外国人)に似ている(70)
  • 二重の瞳(70)
  • 腹よりも下に達するみずち髯(70)
  • 性格・人物像
    特技
  • 馬を見る目が高く、家畜の病気をよくわきまえていて薬や鍼でなおせないものはなく、真に伯楽の才がある(70)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    正殿の第二段の右のならびの棟(70)(相役:戴宗・燕青・張清・安道全)
    【職分】
    もっぱら全馬匹の医療にあたる頭領(71)
     一番最後の108番目に梁山泊入りした好漢。特異な容貌が目立ちそうだが、入山後はすっかり裏方に徹してしまって、名前が出てくることも少ない。
     皇甫端の出番は非常に少ないが、彼の果たす役割は小さいものではないだろう。歩兵頭領の鮑旭が憤慨しているように(115回)、梁山泊の主要な戦力は歩兵ではなく騎兵である。だから騎馬の良し悪しが戦力を左右しかねない。皇甫端は、騎兵の活躍、ひいては梁山泊の活躍に一役買っているのである。


    108人好漢リストへ  ホームへ