矮脚虎 王英 ――女性に目がない「短足の虎」


★表の見方
宿星 地微星 順位 58位
登場 32回 入山 35回
他の呼び名
出身地 両淮(32)
年齢
家柄 親族
義兄弟
入山前 荷車引き(32)
→燕順と清風山に上って盗賊となる(32)
身長 5尺未満(32) 得物
  • 槍(32/48)
  • 刀(32)
  • 腰刀(34)
  • 朴刀(34)
  • 鋼刀(69)
  • 容貌・風貌
  • 鋭い目付き(32)
  • 形貌は崢エ(彫が深くごつごつしている顔?)(32・詩)
  • 性格・人物像
  • 粗野で貪欲(32)
  • 色好み(32・48)
  • 特技 一本槍のすぐれた使い手(48)
    入山後の持場・職分 【持場】
    鴨嘴灘(44)(相役:鄭天寿)
    →裏山に寨を設けて、馬匹の監督(51)(相役:扈三娘)
    →左のほうの陸寨(60)(相役:扈三娘・曹正)
    【職分】
    三軍の内務をつかさどる騎兵軍の頭領(71)
     金には目がくらみ、女には目がない。ここまで性格が悪い好漢もそういない。しかし水滸伝の中ではその「好漢」らしからぬ性質ゆえに、小者ではあるが非常に目立ち、妙な存在感がある好漢である。どこか憎めない男である。
     王英は、水滸伝の中では「王矮虎」と、名前とあだ名が混じったような呼び方をされることが多い。これは、小説水滸伝成立以前の雑劇に見える「王矮虎」という人物が王英の原型であるゆえのようである。「矮虎」というのは明らかにあだ名っぽいので、「王矮虎」を「矮脚虎王英」と改め、あだ名と名前の両方を作り出したようだ。


    108人好漢リストへ  ホームへ