玉旛竿 孟康 ――造船が得意な美丈夫


★表の見方
宿星 地満星 順位 70位
登場 44回 入山 44回
他の呼び名
出身地 真定州(44)
年齢
家柄 親族
義兄弟
入山前 花石綱運搬のための船を作っているとき、監督官を殺害、逃亡(44)
→飲馬川の山賊になる(44)
身長 背は高い(44) 得物
  • 朴刀(44)
  • 容貌・風貌
  • のっぽの男(44)
  • 背が高く色が白い(44)
  • すばらしい身体(44)
  • 性格・人物像
    特技
  • 大小の船舶をつくることがうまい(44)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    忠義堂の右のならびの部屋(60)(相役:凌振・侯健・陶宗旺)
    【職分】
    船舶の建造・戦船を監督(47)
    →戦船の建造の監督を総管(51)
    →船の製造を管る(60)
    →大小戦船の建造を監督(71)
     孟康は色白の美丈夫で、しかも寡黙な、おとなしそうな印象を受ける。戴宗・楊林に会い、飲馬川に一緒に行って四方山話をするが、しゃべっているのは[トウ(おおざとに登)]飛ばかりで、孟康はというと[トウ(おおざとに登)]飛の後ろで静かにしている。かつて人を殺したことがある人物とは思えない。
     梁山泊に入ってからは、得意の造船担当の頭領になる。が、水軍の頭領たちと一緒に行動することも多い。


    108人好漢リストへ  ホームへ