鉄叫子 楽和 ――無邪気で賢い歌うたい


★表の見方
宿星 地楽星 順位 77位
登場 49回 入山 50回
他の呼び名
出身地 登州(49)(原籍地は茅州・49)
年齢
家柄 親族
  • 姉(楽大娘子・49)
  • 姉の夫(孫立・49)
  • 義理の兄弟(姉の夫の弟)(孫新・49)
  • 義理の兄弟の妻(顧大嫂・49)
  • 義理の従兄弟(解珍・解宝・49)
  • 義兄弟
    入山前 登州の牢番(49)
    身長 得物
  • 槍(50)
  • 朴刀(100)
  • 容貌・風貌
  • 姉の楽大娘子によく似ている(49・顧大嫂曰)
  • 性格・人物像
  • 聡明で器用な人(49)
  • 歌という歌はなんでも知っており、習えばすぐにこなした(49)
  • なにごとにかけても一を知れば十をさとるという具合(49)
  • 槍棒の武芸も大いに愛好した(49)
  • 特技
  • 歌がうまい(49)
  • 槍法もいくらか身につけている(49)
  • 入山後の持場・職分 【持場】
    朱貴(東の居酒屋)の手助けに(51)(相役:朱貴)
    →東路の居酒屋(58)(相役:朱貴)
    →山麓の四路の見張りの居酒屋(東の居酒屋)(60)(相役:朱貴)
    【職分】
    軍中に機密を伝達する歩兵軍の頭領(71)
     歌が自慢の楽和。歌声は美しいばかりではなく声量も伴っているようだ。祝家荘(50回)では彼の歌声が内応の合図になっていたから、きっと祝氏の屋敷中に歌声が届いたはずだ。
     機転もきく賢い男でもある。徐寧を引っ張り出す作戦に関わった(56回)のも、使者となることが多い(66回、80回、82回)のも、機転がきくからだろう。遠い親戚の解珍・解宝兄弟を救い出そうとしたのだから(49回)、義気もある。
     清代に書かれた水滸伝の続書である『水滸後伝』では、その賢さを買われて、楽和は李俊の軍師として描かれているが、楽和の賢さはそういった質のものではないと思う。『水滸伝』を読む限り、作戦を練る頭の良さではなく、場の空気を読み取る聡明さがあって、頭がいいというよりも機転がきく「賢さ」を持っているように感じられる。


    108人好漢リストへ  ホームへ