親子のはなし【范さんち編】・4



士会が秦にいた頃の回想その2。
秦を離れた魏寿余と士会はその後…


▼このページで登場する人▼
○郤缺(郤子):晋の卿(当時上軍の将)。士会を晋に連れ戻すよう提案した張本人。



■目次■
【1】  【2】  【3】  【4】  【5】  【6】  【7】  【8】


31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
↑【画像クリックで次ページへ】

【1】  【2】  【3】  【4】  【5】  【6】  【7】  【8】

士会の回想シーンはここまで。だいぶ長くなってしまいました…;

ここは郤缺と繞朝のターン。
二人とも、国のためならば手を汚すのも厭わない人です(拙宅では)。

上から3枚目にある河曲の戦いの話とか士会が秦に亡命した話は、
こちらの年表のBC620年やBC615年をご参照ください。
郤缺さんは、士会の妻子の事を考えていなかった訳ではないとはいえ二の次にしていたので、
現に突かれると痛いところではあるのです。

繞朝の行動は、別れ際に士会に向けた言葉の通りのものです。
繞朝の言っていた「多少の犠牲」がここでお分かりいただけたかと。
(なお、繞朝の台詞にある「(晋の)上軍の将佐」は、郤缺と臾駢(ゆへん)のこと)
康公の決断は…士燮兄弟が士会と一緒にいることからお分かりいただけると思います。



ギャラリーへ  ホームへ